« ゴジラ湯 に行ってきました | トップページ | 癲癇(てんかん)の猫 その2 »

2016年9月20日 (火)

癲癇(てんかん)の猫 その1

我が家の猫 一部

左の巨大ねこ ~ こふで
その下 ~つぶ
右上  ~はち
右下 ~3号
Dscn8031

はち は 3号の子供で
こふでは 3号の姉妹の子供のため 姪っ子です

みな仲良くくらしていま・・ した。

が、 現在は 
「つぶ」 のみ 下の 円形のケージの中で生活中です。

Dscn8628

それは 

つぶ が 癲癇の病気持ちだったからです

 

はじめは そのまま みんなと一緒に生活していましたが、
それができなくなりました。

それは。。

 

書き始めると長くなるので、 とりあえずここまで。

 続きはまた今度cat

 

 

おまけ画像  「うり」 です

 Dscn9288

この写真 やばくないですか?

首から下が写っていませんcoldsweats02

首のあたりに 向こうのパソコン台が見えてしまっている・・wobbly

 

 

 

と写真を見たときは考えて、
絶対やばい ・ うり に危険が迫っている・・

と思っていましたが、

単に、向こうから こちらに向いた体勢となっていて、
首がまがっていただけ。

顔で、胴体が隠れていただけでした。

 

あぁ びっくり。

では またいつの日かgood

|

« ゴジラ湯 に行ってきました | トップページ | 癲癇(てんかん)の猫 その2 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561027/64231258

この記事へのトラックバック一覧です: 癲癇(てんかん)の猫 その1:

« ゴジラ湯 に行ってきました | トップページ | 癲癇(てんかん)の猫 その2 »