« 北品川温泉 天神湯 | トップページ | windows7への道 ~その2~ »

2012年7月 6日 (金)

猫の介護(7) ~顔の膨れ~

介護ではないけれど、状況を。

ぶちは、1年くらい前から ちょろっと痩せてきました。
だんだん なんとな~く痩せてきて、
3か月前くらいから
激やせ

最期あたりは
骨と皮だけ
脂肪なんかどこにもなく・・・

別治療で病院に行ったときの血液検査でも、
特に異常なし。
内臓はそれなりに弱っているが、
17歳だったら、歳相応とか。

しかたがないことです。 

本題です ~顔の膨れ~

食欲はずっと がっつりありました。

そんな ぶち の 顔が、
いきなり腫れました。

目の下と ほっぺのあたり。

歯の菌が奥で悪さをして、
膿がたまって

一目見て顔がはれているのがわかるくらい

だんだん ではなく、 1日でぷっくりと。

治療は、 顔を切開して膿を中からだし、
中を洗って消毒。

麻酔を打っても痛いので、
同じことだからと麻酔なしで切開

膿がまだ出てくるのでと、
縫わずにそのまま状態で.

外から見たのでは 
腫れている程度ですが、
結構奥まで広範囲だったようで、
菌撲滅とはいかないようでした。

初めは5か月前くらい??
3か月前くらいから頻繁に!
最後1カ月は 発生しませんでした

元気にしていますが、
体の中では
抵抗力が衰え、
菌に勝てなかったのでしょう

人間でも、 歯のあたりに膿がたまって
膿の逃げどころがないときは
かなりつらいものです。

ぶちも かなりいたかったのでは。

見つけた時はすぐに病院に行きましたが、
傷口が完璧にふさがっていないときは、
病院に行かず、無理やり押しつぶして
傷口から膿を出していました。

傷口がふさがり、手におえないときは
病院で 顔を切開

ぶち 自身が 自分で顔をふき
自分で傷口を開いて膿を出した時も何度か。

膿(血)がそこらに飛び散っている跡などがあったり。。

動物は 痛い 具合が悪い

といいません。

老猫は 普段からよく観察してあげないといけませんね。

猫の介護 つづくup

|

« 北品川温泉 天神湯 | トップページ | windows7への道 ~その2~ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561027/55135445

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の介護(7) ~顔の膨れ~:

« 北品川温泉 天神湯 | トップページ | windows7への道 ~その2~ »