« オバQ | トップページ | BORNS LIVE~大船~ »

2012年6月20日 (水)

猫の介護(2)  ~漫画で確認~

ぶちの 様子が、あまりに年老いた姿になってしまい、
「なんか、こんな感じの漫画があったな~」
という記憶の元、過去に愛読していた漫画本を
ひっくり返してみました。

「ねこぱんち」sign01

もちろん、「猫だけ」の 読み切り漫画。
その中で、こちらの 2周年号の石田敦子さん作の「よろり猫」
まさに、ぶち そのもの。

 

さすが漫画家さん、絵も表現もぴったり。

~~漫画より~~
前に飼っていた猫は老いて偏屈になった日が続いたものの、
介護をした記憶がない。
倒れたその日に逝ってしまったから

最近ますますやせた。

骨の形が全部わかる。

紙のようにうすい。

まっすぐ歩けず、足が交差するくらいよろけている。

少し歩いたかと思えば、壁つぶつかりつつやっと前に進む

顔やら足やらにハゲができ、見るからに痛々しくボロボロ

 ^^内臓はどこも悪くない ~と病院の先生より

これはすでに介護なんだな きっと

トイレに行けず、あちこちでトイレをしてしまう

寝ている かりん(漫画の猫)のうすっぺら~いおなか

 すーはーと息をしているか じっとみてしまう

介護は始まったばかり

~~

わずか8ページの読み切り漫画でした

ぶちもまさにこの状態
ぶちの 違っていと所といえば、

~3歩 歩いたら、
すぐに伏せてしまう。
だから だるまさんが転んだ 状態。

これを、うちでは ワープと呼んでいました。

ふと見ると、3歩くらい進んだところに、同じ姿勢でいるので、
ワープをしたよう。

歩くのがやっとでしたが、
こんな状態でも、結構頑張って歩いて
トイレ・ご飯場所に移動していました。

漫画本を読み返し、
やっぱり これが猫の介護なんだ

と実感。

介護は始まったばかり

  漫画のまま 

  まさに その気持ちでした

 

猫の介護 つづくsign02

 

|

« オバQ | トップページ | BORNS LIVE~大船~ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561027/55005128

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の介護(2)  ~漫画で確認~:

« オバQ | トップページ | BORNS LIVE~大船~ »